弦楽器の科学!エレキギターのナチュラルハーモニクス全音程を弾く練習フレーズを作ってみた

7976467474 c275b0f332 z

弦楽器は、その弦長の整数分の1のポイントで、ナチュラルハーモニクスと呼ばれる倍音を発生させます。

エレキギターでも定番の演奏テクニックですが、そのほぼ全ポジション、全音程を弾く単純な練習フレーズを作ってみました。

Sponsored Link

 

これがそのフレーズをワタクシが弾いてる動画です。

iMovieで地道にフレット、音程の説明も書いてみました。

この練習に必要なものは、リアピックアップにスイッチを合わせたギターと、歪みが強烈にかかるアンプ。

24フレットから、弾いていきます。

この動画を撮った後に、気が付いたのですが、英語版のウィキペディアに詳細なハーモニクスに関する情報が載っています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Guitar_harmonics

24フレットから、全てのハーモニクスポイントを弾いてるつもりでしたが、6.2フレットが抜けてる!(笑

いやはや、こんなところにも、いらっしゃったのね、ハーモニクスさんが。

ただ、この練習で、全ての音程は演奏できています。

ギターのG弦(3弦)上に存在するハーモニクスは、G、B(3rd)、D(5th)、F(7th)、A(9th)となっていて、つまりはG7 add 9コードのアルペジオと言うこともできます。

整数分の一で表現される音程が、なんでかわからないですけど、そういう音になるんですね。

不思議。