Category Archives: QuartzComposer

[Quartz Composer Sample] 分割された写真

今日も一つ作ってみた。

Download: SubdividedPhoto.qtz.zip

まぁこういうのも訓練だから、毎日ちょっとづつ手を動かしてみないとね。

インスパイア元は未来派図画工作の鹿野さんのサンプル

これを参考にしつつ作ってみた。

ポイントは、Image Textureing Properties を使って、スプライトに貼るイメージの範囲を調整。

20101109_23106

あと、Image Dimensions を使ってアスペクト比からスプライトの大きさを自動調整してる点も若干ポイントかな。

20101109_23118

2次元の写真が、生き物みたいにうねってて、なかなか面白い。

Quartz Composer勉強。アルファの変化など

この本のTutorial-Basic4を元に作成。
8割くらい元のままだけど、ランダムでの回転を追加。
色見の変更。

このサンプルはアルファ値の変更ってテクニックが新規要素かな。

Iteratorによる繰り返しパターンをランダムで配置するのも新要素。

サンプルについて来てる、オウム貝の絵がカッコイイ。

こういうのどうやって作るんだろ?描いてるのかな。

Quartz Composer勉強。Iteratorによる繰り返し処理

今日もちょっと勉強。

この本のTutorial-Basic3。

これを元に回転運動を入れたり、描画モードを変更したりして、いじってできたのがこのムービー。

なんか微妙にカッコいいんじゃないかな。

Iterator, Iterator Variablesパッチによって繰り返し処理をどんな感じに作ればよいかがわかるサンプルで勉強になった。

毎日コツコツ勉強していこうかなと。

今日もQuartz Composerにちょっと触ってみる。Tutorial-Basic2

今日もちょっと勉強。

この本、やけにアーティスティックな感じなんだけど、内容的にはチュートリアルを手を動かして追っていくと、基礎からわかる構成になっていて、なかなか良いですね。

ちょっと現在入手困難なのかもしれませんが。

Quartz Composerは入門手段が良くわからないので、これは非常に良い本かも。

今日は2個目のチュートリアルをちょっとやってみた。

背景カラー、乱数幅、描画をAddにした以外は画像素材も含めて、ほぼそのまま。

Quartz Composer 4.0をちょっと触ってみる

なんかモーショングラフィックスみたいなヤツを、若干やってみたくなってちょっと触ってみました。

買うだけで積んであったこの本のチャプター2に載ってたヤツをほぼ移して作ってみました。

画像素材だけ、自作のモノ。

昔、Context Freeで作ったヤツ。

若干はまったのが、Export as QuickTime movieで、指定の画面サイズ、長さに全然ならない。

これはSnow Leopard環境での既知のバグらしく、Quartz Composer右クリックして32bitモードにチェック。

これで32bitモードで起動すればこの問題は回避できるとのこと。

20101018_13321
コードは一応、こんな感じ。

20101018_15433

4.0はパッチの色とか、前とちょっと変わったんですな。

あと、YouTubeにアップするのに、Exportしたmovファイル直では無理だったので、さらにQuickTime 7で開いて書き出し。

普通の720pのムービーに変換してアップした。

なんてこと無いものだけど、やはり絵が動くってちょっと面白いよね。