Category Archives: Adobe AIR

Adobe AIR本を書かせてもらいました

Adobe AIR本

本日、8/28より発売になっています。

数人の共著本で、僕は一番最後の「第9章 Papervision3Dによる3Dアプリケーション開発」の項を書いています。

ご興味がある方は読んでみてください。
よろしくおねがいしますー。

開発のプロが教える 標準Adobe AIR完全解説 (デベロッパー・ツール・シリーズ) Book 開発のプロが教える 標準Adobe AIR完全解説 (デベロッパー・ツール・シリーズ)

著者:永井 孝,最田 健一,夢を見る株式会社ZAPA,電脳空間カウボーイズ シン石丸
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Adobe AIR 1.0でメインウインドウを透明にしてPapervision3Dで描画する

はい、これも正式版情報にすり合わせ。

1_15

メインウインドウを透明にするには、アプリケーションディスクリプタファイル(プロジェクト名-app.xmlというファイル名のファイル)を編集。

<!– The type of system chrome to use (either "standard" or "none"). Optional. Default standard. –>
<systemChrome>none</systemChrome>

<!– Whether the window is transparent. Only applicable when systemChrome is false. Optional. Default false. –>
<transparent>true</transparent>

ここだけ設定したら、普通にいつものPapervision3Dのコードを書けば動きます。

スクリーンショット画像は、このコードをビルド。

Adobe AIR 1.0で、画像ファイルをドラッグ&ドロップで読み込ませて、Papervision3Dのテクスチャとして3D表示する

はい、これも前に書いたβ1用のコードから、1.0へのすりあわせシリーズ。
3_2

実行したら、このウインドウに対して、画像ファイルをドラッグ&ドロップ。

4_2

すると、このように画像ファイルを読み込んで、3Dの平面に対してテクスチャとして描画されます。


DragDrop3D.as

Adobe AIR 1.0でテキストファイルをドラッグ&ドロップで読み込ませる

これ去年のβ1の時に作ってみましたが、正式版のAIR 1.0では、やり方がまったく違っていたので作り直しました。

3

実行したら、このウインドウに、drag.txtをドラッグ&ドロップ。

4

すると、このようにdrag.txtのテキストファイルの中身が読み込まれて、画面に表示されます。

参考資料は、んぱかさんのAdobe AIRメモ

DragDropTextFile.as

Adobe AIR正式版を使ってみた

2

使ってみたら、変わってる点があって若干ハマったのでメモ。

ちょっと書いてみたら、Windowが全然表示されなくて
「おっかしいなー?」
と思ってたら、

ADFファイル(アプリケーションの設定を書くXMLファイル)に

<!– Whether the window is initially visible. Optional. Default false. –>
<!– <visible></visible> –>

という項目が出来てて、ここを編集。

<!– Whether the window is initially visible. Optional. Default false. –>
<visible>true</visible>

とすれば、Windowが表示される。

なんだよー、わりと悩んじゃったよ。
最近ハードディスク交換したから、SDK入れ直したりしてしまった。

まぁ、このHelloWorldのコードは順当な感じ。


HellowWorld.as

Adobe AIR β2を試してみた

もう結構前にAIRのβ2出ましたが、遅ればせながら試してみました。

まず気になってたWEBカメラ処理から。

前のバージョンだと、MACではWEBカメラがどうにもこうにも使えなくて、アララっと思ってたんですが。

前作ったWEBカメラ画像をASCII ART化するのをAIRで作ってみました。

4

確かにカメラはきっちり動くんですが。

2

文字のフォントサイズ関連の処理が違うのかな?

イマイチ、キレイに表示されず。

ちょっと、AIRもちょいちょい遊んでみますかね。

Adobe AIR完全解説に寄稿しました

Adobe AIR 完全解説

今日、ASCIIさんから見本誌を送っていただいたんですが、ASCIIさんから発売になるムック、Adobe AIR完全解説に寄稿させてもらいました。

僕の書いた部分は、「Papervision3DとAIRでの3D表現」の部分です。

Adobe AIRに関しての本としては、日本初の本です。

AIRに興味がある方は、手にとって見ていただければと思います。


Adobe AIR完全解説
Book Adobe AIR完全解説

販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する