Category Archives: 雑多技術メモ

YouTube用のH.264書き出し設定メモ

  

YouTubeに電脳空間カウボーイズのvodcastのムービーをアップしたんですが、最近のYouTubeはH.264対応

ならば、QuickTimeでH.264で書き出したやつをアップロードしたほうが良いんだろう、きっと。

と思い、iMovieの書き出し設定をメモ。

結構、YouTubeの上限の100M以下にしなきゃいけないので、どの辺りで100M以下になるのかの目安として。

1

ビデオの圧縮プログラムは、低と中の間あたり。

2

この設定で書き出されたムービーが、8分16秒で、77.7Mバイト。

twitterfeed試してみる

2

RSSの更新を関知して、twitterに投稿してくれるサービス。

twitterfeed

トロチチさんのblogで読んで、いつか試そうと思ってたんですが、遅ればせながら試してみました。

とにかく、RSSの更新を関知して、twitterに投稿してくれるサービスという言葉で、全機能言い切っちゃってて、他に言うことは見あたりません(笑

このblogのRSSと、電脳空間カウボーイズのRSS、自分のFlickrのRSSの更新があったらtwitterに投稿するように設定しました。

なかなか便利ですね。

Google Custom Search Engineを使ってみる

Google_custom_search

Google Custom Search Engineというのがあって、それでBLOG内検索とかできるらしい。

という話を聞いて、試しにこのブログに付けてみました。

得に難しい点はなく、ポチポチ言われるままにボタン押していくと、貼り付けるためのコードが表示されるという、よくあるブログパーツ系の流れ。

で、あっさり出来ました。

横幅だけ、このBLOGの幅に合わせて若干調整。

GoogleでこのBLOG内の検索を行うことができるようになりました。

vimでソースコードのHTML化をやってみる

トロチチさんが解説してくれた、vimでのhtml化をやってみました。

アタシは恥ずかしながら、一番苦手なエディタはviで、UNIX系の環境でテキスト編集したい時は、迷うことなくemacs。

emacsが入ってないとき、泣く泣くviを使うという、なるべくviを避けて通ってきただけに、viがとにかく苦手なのです。

なんで、当然vimの設定など、しているわけもなく。

とりあえず、MAC OS Xに入ってるデフォルトのサンプルの設定ファイルをコピーして.vimrcファイルを作製。

$ cp /usr/share/vim/vim62/vimrc_example.vim ~/.vimrc

で、コマンドラインの方からvimを叩いて色々やってみましたが、どうもうまくいかず。

きっと、.vimrcの設定をろくすっぽしてないのが悪いんだろうけど。

しばらく色々設定をいじってみましたが、うまくいったりいかなかったり。

日本語が、なんだか化ける時があって、よくわからない。

「んー、だめだな!GUI!現代っ子は(?)GUIじゃなきゃだめだ!」

と、GVIMをダウンロード。

楽だ!GVIM!

ファイル->開く でファイルを開いて、 
シンタックス->HTMLへコンバート
ファイル->エンコード指定->保存->UTF-8

で、変換したHTMLが保存できた。

タブとインデントの幅だけ、.vimrcに追記。

set shiftwidth=4
set tabstop=4

で、できましたよ。

最初から、GVIM使えば良かった!色テーマはmorningに。

このブログのデザインで、コード貼り付けると、横が切れちゃうので、IFRAMEでコードを別HTMLにして、貼り付けてみました。

今後は、こういうレイアウトでいこうかな。

技術書の読み方

アタシの友人の、通称「大先生」は、一風変わった技術書の読み方をしている。

彼の読み方は、こんな感じだ。

1. 技術書を1ページづつ開いて、すべての見出し部分に、蛍光ペンでアンダーラインを引く。

2. アンダーラインを引くと共に見出しを読み、本の全体の構成、内容を把握する。

3. その中から、今必要な部分、興味がある部分だけ、本文も読む。逆に必要ない部分は読まない。

という感じで読んでいるようだ。

ちょっと、自分もマネしてみたんだが、確かに良いかもしれない。

アンダーラインを引くという作業も、すべてに引くのでは意味がないような気がするが、そんなこともなく、全体にとりあえず目を通す動機付けになる。

プログラム関連、ソフト関連の本は、とりあえずその機能があることだけ知っていれば良いということも多い。

今すぐつっこんで取り組むわけで無ければ、「そんなのがあるな」ということさえ知っていれば、細々したことをする知る必要は無い。

どうせ読んだところで、使わない知識はどんどん忘れてしまうのだ。

だから、必要な部分だけ細かく読むというのも、理にかなっている。

情報に優先度をつけることで、情報を得るための時間効率も良い。

なるほど、なかなかこの方法は、良いかもね。

Tumblr使ってみる

Tumblrにちょっと、興味を持って使ってみました。

いしまるtumblr

なるほど。

これもお手軽ブログ(?)サービスという感じでtwitterと、そのお手軽さでは似てる気がする。

でも、コンセプト的には、まったく異なりますね。

twitterが、自分の状態をどんどん配信していくのに対して、

tumblrは、自分が興味を持ったwebを、どんどん配信していく感じ。

tumblrがRSSを配信しているので、これ自体が一種のブログというか

コンテンツ化している。

その人のフィルターを通して見たウェブというものを、

気楽に配信するツールとしては、秀逸だなー。

個人的なメモ書きを、コンテンツにしてしまうこともできるし、

メモとして単純に使ってもよさそう。

結構気に入りました。

横に、TumblrのRSSを、RSSを読み込むブログパーツで、貼り付けました。