Monthly Archives: 10月 2009

SONYのGPSロガーでジオタグ付き写真ライフ

最近、写真を撮っていると、あたりまえですが撮った写真が増えていきます。

そうすると人間に管理限界を超えてきて、写真の検索性が重要になってくる。

となると、写真に付与する情報が多い方がよい。

ということに気が付いて、写真にジオタグをくっつけたいという欲求がでてきました。

で今年の春頃発売になったSONYのGPS、GPS-CS3Kが写真の入ったSDカードを差すだけで位置情報を写真のJPEGにくっつけてくれて便利そうだったので入手してみました。

SONY GPSユニットキット GPS-CS3K CE SONY GPSユニットキット GPS-CS3K

販売元:ソニー
発売日:2009/03/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ液晶もでかくて、操作がしやすくて良いですね。
全体的にGPSロガーは不親切な感じのする商品が多いと思うんだけど、これは親切にしようという印象を感じる。

今日届いたので、神田明神からアキバ方向へ散歩しつつ、GRD3で写真撮影。

これでジオタグをくっつけて、flickrにアップしました。

20091031_04648

うん、これはなかなか楽しい。

しかしflickrは日本の地図情報がちょっと荒いのが残念なところ。
もっと、どこの路地なのかってレベルで見たいと思ったけど、おおまかな地図なので、そこまでわからない。

じゃー、Googleマップでお馴染みのGoogleさんの写真共有サービス、Picasaならどうなの?
と思ってPicasaにもアップロード。

20091031_10313

んー、もっと寄りたいんだけど、あまり寄れない。

そうなると、やっぱりflickrのほうが、見た目のエフェクトとか凝ってて良いかな。

しかし、このGPSロガー、98枚撮った写真の一部に位置情報がついていないのは何故だ?
と説明書を読むと、本体からSDカードへの位置情報書き込みが60枚最大という枚数制限がある。

最後まで勝手に同期してくれない仕様がナンセンス。
60枚が最大なんだったら、自動的に何度も繰り返し実行して、最後までやってほしいところ。
おしいよなー、ここの不親切感。

旅行とかいったら500枚、1000枚撮る日だってありますよ。

[HDR]クロスフィルターを使ってシンセ(KORG R3)を撮影

KORG R3

クロスフィルターは、光が十字型に拡散して、カッコイイ効果が得られる。
これを使ってシンセを撮影してみたら、いかがなもんでしょうか?

と思ってやってみたのが、この写真。

発光ダイオードの光が十字に拡散して、なかなかカッコイイ。

LUMIX GH1 + LUMIX G VARIO HD + クロスフィルターにて撮影。

7枚撮りオートブラケットで撮影して、HDR化。

[Tokyo HDR]一昨日くらいの夜景

DMC-GH1 HDR NIGHT SHOT

夕景を撮ったところと同じ所で。
GH1の7枚オートブラケットにて。

夜景はやはり、空が今ひとつ映えないから、本当は展望台みたいなところで、光る地面が下から上のほうまで埋め尽くすような感じでとりたいところですね。

でもまぁ、なかなか良いかなと。

iPhoneでチーターマン2のテーマを演奏してみた

僕はカバー曲は面倒であまりやらないんですが、たまにはやってみようかなー。
と、今さらですがネットミュージシャンの課題曲?的存在のチーターマン2の曲をやってみました。

iPhoneでやってる人はいないだろうと。
使ったソフトは、このソフト。

Matrix Music Pad

出たばかりのソフトなんで、若干荒いところもありますが、なかなか楽しめます。
シーケンサーとフィルターの操作が、iPhoneのタッチインターフェイスを生かした面白い仕様ですね。

今回、ムービーの録画に使ったカメラは最近買ったLUMIX DMC-GH1。
さすがムービー一眼。

よいボケ味出ますね。

[Tokyo HDR]今日の夕焼け

HDR Photo GRD3 EV 2.0,1.3,0.7, 0,-0.7,-1.3,-2.0

テスト用に撮った写真だけど、なかなか綺麗に撮れたのでGR BLOGのコンテストにトラックバックしてみよう。

GR Digital3にて7枚の露出違いの写真を撮って、Photomatix Proで合成。
その後PhotoShop Elements 6.0にて、トリミング。

写真の枚数と露出によるHDR写真の違いを比較してみる

GH1の7枚撮りオートブラケットで撮ると、なかなか良いHDR写真が撮れるな。
これは露出幅と、枚数の違いだろうか?

とGRD3でも試してみました。
全てPhotomatix Proの同じ設定でHDR写真化。

HDR Photo GRD3 EV 2.0,1.3,0.7, 0,-0.7,-1.3,-2.0

これがまず、GRD3で手動で露出を変更して7枚撮った写真から作成したHDR写真。
露出はEV 2.0, 1.3, 0.7, 0, -0.7, -1.3, -2.0。

HDR Photo GRD3 EV 0.5, 0,-0.5

これがいつものオートブラケットでの撮影。
EV 0.5, 0, -0.5。
やはり7枚撮りに比べると情報量が少ないせいか、のっぺりした印象。

HDR Photo GRD3 EV 2.0, 0,-2.0

7枚撮りで撮ってた写真から3枚使用。
EV 2.0, 0, -2.0。

これも7枚撮りと比べると、一番左手前のマンションが若干メリハリが無い。
あと中間色がちょっと足りない印象。

HDR写真は写真数が多くて、露出幅が大きい方が情報量が多くて良いのかもしれない。
撮るのは枚数が多いと、しっかり固定しなければいけないので、面倒になりますが。