Monthly Archives: 2月 2009

自分の曲を歌いにカラオケに行ってみた

カラオケ本に電脳空間カウボーイズ

ワタクシの作詞作曲のCyberSpaceCowboys v.3.02のカラオケ配信が開始になって数日。
遅ればせながら、カラオケに行ってみました。

大先生が好きなカラオケ屋のパセラにも入っているとのことなので、上野のパセラに。

カラオケ本を開いてみると、のってるよ!電脳空間カウボーイズ!
電気グルーヴの近くに!

そして、カラオケのリモコンで検索しても出てくるじゃん、電脳空間カウボーイズ!

パセラの機械で検索しても出てくるカウボーイズ

まぁ、あとやることと言えば、歌うだけでしょ!
作曲者のワタクシ自ら、歌ってみましたよ!ニコ動的に言えば「歌ってみた」ですよ。

そのムービーがこちら!恥を忍んでアップロード!

思ったより歌いやすいなー。
人間が歌うのは向いてない曲かと思ったけど。

自分で歌ってみたら、他の人が歌うとどんな感じなのか、急激に気になってきました。

皆さん!
よろしければ、歌ったムービーをニコ動なりYouTubeなりにアップして下さい!
お知らせいただければ、ワタクシかならず見ます!

[旅の記録]ローマ1日目。ヨーロッパがとにかく珍しい(2/14)

R0016269

ちょっとづつ書きますかね。

ローマで借りたレンタカー、シボレーのなんとかかんとか。
この後スペインはバルセロナまで、約2000Kmくらい旅をする愛車。

R0016285

ローマ市内に入るなり、「なんだこら!!」と思わされたこの建物。
名前はよくわからんが、市内を車で回っていると、かならずここに出てしまうランドマーク。

でかい。

R0016335

ホテルからローマ市内に行くときの通り道。
なんとか門。
名前なんだっけか。

R0017153

ヨーロッパにあると、こういうメタリックブルー、グリーン系の色が妙に綺麗に見える。

R0016373

R0016374

朝食を食べた、テルミニ駅のカフェ。
安いが妙にうまい。

ヨーロッパはアメリカと違って食べ物の味は安心して良さそう。
と思った店。

世界のKitchen からがうまい

世界のKitchen
からがうまい
あー、いかん。
まだ風邪だ。
何かビタミンがとれそうな飲み物を買ってきておくれ。
と家の者に頼んだところ、届いたのがこれ。
果汁が妙に少ないし、そんなにビタミンがとれそうな感じはしないが、とりあえずうまい!
これうまいね。以外の話はございません。

iPhoto’09の撮影地機能を使ってみる

1
金曜日に日本に帰ってきてから、体調不良の確率変動がスタートしまして。
すっかり今では風邪をひいとります。

おかげで、podcastは更新できんわ、旅行記はまとめられんわ。

いい加減、写真でもまとめるかと、今回持って行ったGPSロガーM-241のデータを写真にジオタグとしてくっつけてみました。

なにげにハマッタので、メモ。

— M-241のデータの読み込み —

GPSBabelというソフトでMac OS Xでも読み込めるようだが、どうもうまくいかず。
・VMWare FusionでWindowsを起動して、HoluxLoggerUtilityで読み込み、GPXファイルを作成。

次に、写真とGPXファイルの位置情報の関連づけ。

2

GPSPhotoLinkerで。
・iPhotoにすでに写真を読み込んでいる時は、GPSPhotoLinkerのBATCH画面の右のボックスに、iPhotoのイベントをドラッグ&ドロップ。
・Load TracksでGPXファイルを読み込んで、Batch save to photosボタンを押す。

すでにiPhotoに読み込まれた写真に位置情報を付加しても、iPhotoでは位置情報を認識してくれない。
なので、次の作業。

・iPhotoのイベントを、適当なフォルダにドラッグ&ドロップして写真をコピーする。
・iPhoto上の元のイベントをゴミ箱に入れて削除。
・iPhotoにコピーした写真から読み込み直し。

これで位置情報を認識と。

いやはや、なかなか面倒ですな。

ローマ、ベネチア、モナコ、バルセロナと車の旅

R0016290

R0016794

R0016672

に現在唐突に出ており、現在バルセロナです。
写真はローマ。

ヨーロッパに始めてきましたが、街並みを中世の段階で「これが基本!」と定めているところがすごいですね。

ケータイとかもみんな使っていますが、新しい風俗を受け入れながらも軸足は、動かさない感じ。

アメリカ人がヨーロッパに対して歴史の薄さにコンプレックスを抱くというのも、よくわかるなー。

東京のなんでもありの猥雑さもありながら、一種几帳面に整理された街並みとかも民族性、文化を反映した形なんだろうな。

今から、バルセロナ市内に出かけるので、また後ほど。

ケータイをP-04Aに機種変した

NTT DoCoMo P-04A

今まで使ってたDoCoMoの端末P903iXのカメラが、起動したりしなかったりして、若干不便だったので、思わず機種変。

P-04A

まぁ、すごい洗練された美しい端末だなーと思います。
薄いわりにはカメラの写りはすこぶる綺麗。

しかしまぁ、普通にケータイなんで、特に「こんな新しさが!」みたいなのは無いですね。

iPhoneに無い、普通のケータイの良さについて考えてみると、
「ムービーが撮れる」
というのが機能的にはでかいかな。

と思います。

ケータイで気楽に録画して、YouTubeにアップロード!

というスタイルで使えるのが、今のところこのタイプの端末の良いところかナー。

ChucKを勉強してみる


ChucK Test from S_Ishimaru on Vimeo.

Denkiさんの後追いでオーディオプログラミング言語ChucKを勉強してみました。

サイン波のオシレータを、EGにつっこんで、リバーブをかけて出力と。
スケールはシンプルにCメジャースケールで。

この言語は音素材や、曲の部分的な素材を作るのに、大変面白い手法なんじゃないかなー。
とか思ってます。

SinOsc s => ADSR e => PRCRev r => dac;

// Attack, Decay, Sustain, Release.Envelope Generator
e.set( 100::ms, 8::ms, .5, 200::ms );

.5 => r.mix;

// C,D,E,F,G,A,B MIDI notes
[ 61, 63, 65, 66, 68, 70, 72, 73 ] @=> int notes[];

while(true)
{
    for( int i; i < notes.cap(); i++ )
    {
        // MIDI to Freq
        Std.mtof(notes[i]) => s.freq;
        // play
        e.keyOn();
        500::ms => now;
        e.keyOff();
    }
}

Denkitribe先生と言えば、KORG楽器プレゼンターとして有名ですが、氏がやってるのを見ると
「あ!なにそれ!面白そうだなー。オレもやりたい!」
と思わせられてしまうこと多数。

ぼくが電脳空間カウボーイズのエンディングテーマを作るのに使った、KORG KP3を買ったきっかけも、はっきり言ってDenkiさんですよ(笑

モノの持ってる魅力を引き出して、ネットコンテンツにして伝える手腕がいつも素晴らしい。