Monthly Archives: 11月 2008

コンプレッサーで楽器位置の前後のコントロール

1

最近、このマスタリングの本読んでるのですが、コンプレッサーの意味がやっと理解できて目から鱗が落ちた。

マスタリングの全知識 CDから配信まで(CD付き) Book マスタリングの全知識 CDから配信まで(CD付き)

著者:葛巻 善郎
販売元:リットーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いやー、オレはコンプレッサーの意味がよくわかってなかった!ことに激しく気がついた!

なんか音を圧縮するらしいとか、音がでかくなったりするらしいとか、ぼんやりとした知識はあったのだけど、根本的にギターのオーバードライブみたいなものだと思って、長いこと使っておりました。

まぁ、なんとなくは使ってたけど、全然理解してなかったナー。

コンプレッサーは、ある音量以上の音を、押さえ込むのがメイン機能。
コンプレッサーを使うと音圧があがるという話なので、ブースターのようなものと勘違いしがち(これはワタクシ)ですが、実は音が小さくなるエフェクターなのです!

ある音量以上の音を押さえ込むと、全体の音量の幅は小さくなる。
そこで、その音量幅の小さくなった音を、全体的に増幅してやると、音がでかくなるぞと。

これがつまりコンプレッサーで音圧を稼ぐということ。

いやー、よくわかってなかった。
適当にGAINとか回すと音がでかくなるな程度の感覚で使ってましたよ、ワタクシ。

さてさて、意味がわかったので、ちょっと手を動かして感覚をつかもうと実験。

適当にLOGICで作ってみたトラックが次のモノ。

comp1.mp3

シンセの音がかなりデカメで入っております。
このシンセパートにかけているコンプレッサーの設定は、次のモノ。

2

Thresholdが-7.0dBと高めに設定されているので、コンプの音を押さえ込む機能はほとんど動かず、Gainで12.0dBと音量が稼がれているので、だいぶはっきりと音が前に出て聞こえます。

このコンプレッサーの設定を変えることで、シンセの音をもっと後ろに引っ込めたい。
引っ込めてみた音が次のモノ。

comp2.mp3

3

Thresholdを-35.0dBと低めに設定。この音量を超える音は、Ratioが2.0:1なので、半分に圧縮される。

Attackが0ms、Releaseも長めに1500msに設定。-35.0dBを超える音は、すぐさま1500msの間、半分の音量に押さえ込まれる。

これでシンセの音が引っ込んで聞こえるようになったと。

ふむふむ、なるほど。

モルツの氷割りがうまし!

モルツの氷割りがうまし!

最近、近所のスーパーでモルツの売り場が狭くなって来ていて

これは、いかん!!
俺がいま一番好きなビールであるモルツを応援せねば!

とブログに書くことに。

グラスに氷を目一杯入れて、モルツを注ぐと

うまし!(柳沢みきお風に

なんだわ、これが。
モルツは口当たりがよくて好きなので、

僕が使ってるスーパーの担当営業の人には頑張って欲しい。
このへんのビール業界の事情は、「営業の牧田です。」参照のこと。

営業の牧田です。 1 (1) (モーニングKC) Book 営業の牧田です。 1 (1) (モーニングKC)

著者:かわすみ ひろし
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

iPhoneから送信

GR DIGITALはネックストラップ派に

GR Digital2にネックストラップつけた

田中長徳氏のGRデジタルワークショップに書いてあった、

GRデジタルワークショップ 2 (2) (エイムック 1483) Book GRデジタルワークショップ 2 (2) (エイムック 1483)

著者:田中 長徳
販売元:エイ出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「オレはストラップは付けない。いつ落としてカメラが粉々に砕けようとも本望。それが男だろう。」

というようなことが書いてあったっけ?ちょっと忘れたけど、とにかく

「ストラップは付けない。それが男のダンディズム」

的な、田中長徳先生の教えに従い、GRは一度地面に落下させたがストラップを付けずに使ってきたのだ。

だが、バックの中に入れておくと自転車移動などの時に、取り出すのが面倒で全然写真が撮れない。
これはネックストラップで首からかけておくのが良いのではないか?

と思って、ネックストラップを購入。
ちょっと高かったけど、マップカメラのGR用オリジナル、ARTIST & ARTISTの赤ステッチストラップ

自転車移動中の、ちょっと止まった時などに、ネックストラップで首からさげておくと、サクッと撮れて便利。

最近は、Aモード(絞り優先モード)で、f4.0とかちょっと絞って暗めにハッキリ撮るのがマイブーム。

オレンジの都電

R0014982

R0014987

[EMX-1]MODULATIONを使ってみる

Pb131723

こういう楽器モノは毎日コツコツさわるのが大事なのでまた研究。
今回は、MODULATIONをいじってみた。

この機能は、あるパラーメターに対して、サイン波やらノコギリ波で時間が流れるとともに変化を与えてやるもの。

DS-10でいうところの、このパッチ画面の機能に相当。

Scs_patch

DS-10が複数の項目に対してかけられるのに対して、EMX-1は1項目に対してしかかけられないので、ちょっと弱い。
そのかわり、ツマミの動きを記録するMOTION SEQUENCE機能がありますが。

とりあえず、普通に一番上の写真のようにサイン波をcut offに対して設定して、ワウ効果をやってみる。

emx1-wah.mp3

まぁ順当な感じ。
変化がわかり易いように音薄めで。

Pb131724

次にサイン波をPANに設定。
左右に音が揺れてます。

emx1-pan.mp3

ふむふむ。

TYPEについて、どのマークが何かという明確な記述が説明書に見あたらないんだけど、おそらく上から

ノコギリ波
矩形波
サイン波(三角波?)
S&H(Sample & Hold)、ランダム
EG

ということでしょう。

EMX-1のシンセ1パートでのハモリ表現

EMX-1買った

DS-10学習効果で、シンセのことがだいぶわかるようになった昨今。

これは半年くらい前に買って寝かせていたEMX-1もわかるんじゃないかしら?
と、いじってみたら、なるほどよくわかる!

DS-10は非常にシンセの学習に適してるナー。

EMX-1とDS-10を比較すると、DS-10はミニマムなElectribeという感じがしますね。
シンセ + シーケンサー + エフェクト という基本構成は共通。

EMX-1のほうが、音源やエフェクトはかなり豪華。

DS-10のほうもいい点があって、シンセやシーケンサーの内部情報をユーザに伝える部分が充実していて、サンプルの解析がしやすくて勉強しやすい。

色々この二つを比較すると、ユーザーインターフェイスについて考えさせられる点が多いんだけど、それはとりあえず置いといて。

結構、EMX-1も高かったので、使わないともったいない(笑
なんで音作りや使い方を研究してみようかと。

まずDS-10で学んだ、オシレータ2機でのPITCHをずらしたハモリ表現を。
EMX-1でも基本的に、いくつかのオシレータを使って音をならしていて、同じようにPITCHの操作が可能。

Pb121715

オシレータにDUAL OSCを使って、OSC2のPITCHをどの位置にあわせると、ハモリの音程が得られるか調べてみた。

+26 短3度
+30 長3度
+32 4度
+37 5度
+42 6度
+47 1オクターブ
+63 2オクターブ

このような結果に。

Pb121716

それぞれのハモリで、ドレミファを鳴らしてみた音声が次のもの。

短3度:emx1-m3rd.mp3

長3度:emx1-3rd.mp3
4度:emx1-4th.mp3
5度:emx1-5th.mp3

6度:emx1-6th.mp3

[書評]ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト

ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト―最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅 Book ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト―最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅

著者:ニール シュービン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人間も進化の過程をさかのぼっていけば、魚にまでたどりつく。
そのため、人間の体の中には、魚時代の痕跡が多く残っている。

その人間の中の「内なる魚」について解説してくれる本。
なかなか面白かった。

著者は、魚のひれが進化して、初めて四肢をもつようになり、腕立て伏せができるようになった魚。
ティクターリクの化石の発見者。

Tiktaalik(ティクターリク)
http://tiktaalik.uchicago.edu/
http://en.wikipedia.org/wiki/Tiktaalik

個人的に、すごい衝撃を受けたのが、「化石は狙って掘るモノだ!」という話。

えー!そうなんだ!偶然見つけるものじゃないのか!

例えばティクターリクのように、
陸にあがった最初の魚類を見つけるという目的があった場合、

三億六千万年前の化石からは、爬虫類、両生類が見つかっている。
三億六千五百万年前の化石からは、両生類が見つかっている。
三億八千五百万年前の化石からは、魚類が見つかっている。

とすると、魚が陸にあがろうとする中間的な生物は、
間をとって三億七千五百万年前くらいにいたのであろうということが推測できる。

年代が決まったら、ラップトップPCで地層データを検索。
三億七千五百万年前の地層が、地表に出ていて化石発掘に適した土地を探す。

その条件にあった土地が見つかったら、研究費をゲットして、装備を調え、現場にGo!

幸運の女神よ!我にほほえみ給え!!

ということらしいのだ。

なるほどなー。
そういわれて見れは、そらそうだろうけど考えたこともなかった。

化石は狙って掘るモノなんだな。

他にも魚と人間、他の生物と人間の体の構造の共通点は非常に多い話など面白い。

Logicのモノフォニックシンセサイザー音源、ES Mを使ってみたらDS-10学習後なので驚くほど意味がわかる

最近、マジメに取り組んだKORG DS-10。

DS-10以前は、シンセサイザーについてぼんやりとした知識はあったが、あまりよくわからず、なんとなく音が出ればいいだろ的考え方で接していたのだ。

だがDS-10にかなりマジメに取り組んだら、シンセサイザーのパラメーターの意味がかなりわかるようになった。

これはひょっとして、Logicとかに入ってるシンセ系のプラグインも、見てみたらわかるんじゃない?
と思っていじってみたら、驚くほど意味がわかる。

なるほど!そういう事だったのか!
シンセって音の出し方の基本構造は、一緒なのね!

とりあえずLogicのモノフォニックシンセサイザー音源、ES M(ES Mono)をいじってみた。
勉強がてら、作ってみたループがこれ。

synth.mp3

1

— VCO —

・8、16、32ボタン。オクターブ設定。DS-10でいうところのPITCH。
・Glideノブ。音のつながりの時間変化。DS-10でいうところのPORTA。
・MIXノブ。ノコギリ波と矩形波の混ぜる設定。DS-10のVCO1と2のBALANCEに相当。

— VCF —

・Cutoff。シンセでお馴染みCutoff。これは同名。
・Resonance。Cutoffの効き具合の設定。DS-10のPEAKに相当。
・FilterのInt。CutoffにEGをかけるかの設定。DS-10のEG INTに相当。
・FilterのDecay。CutoffにかけるEGのDecayに相当。
・FilterのVelo。CutoffにかけるEGのAttackに相当。

— VCA —

・VolumeのDecay。EGのDecayに相当。
・VolumeのVelo。EGのAttackに相当。
・Vol。Volume、音量。
・Overdrive。歪み。

なるほどねー。
今なら意味がわかるぞ!

何事も勉強だなー。

[KORG DS-10]ドラム1パートで色々コードを作ってみる

[KORG DS-10]ドラム1パートでの7thコードの表現

これの応用で、思いつくコードを作ってみた。
音と画面は、今日からDSi。

まずは、dim7コード。
Cdim7ならば、構成音は、C、E♭、G♭、A。

R0014789

まずは、VCO2 PITCHを減5度の音程になるように設定。
この5度よりちょっと絞った、微妙な角度がポイント!

これでCとG♭。

R0014790

PATCHのPITCHを短3度に設定。
これでE♭とA。

このdim7を使って作ってみたループサンプルがこれ。
dim7.mp3

このdim7の不安定感!
なかなか、カッコイイんじゃないの。

R0014791

次にAugコード。
構成音は、Caugならば、C、E、G#。

まずは、VCO2 PITCHを増5度になるように設定。
このまた、5度より微妙に開けたこの角度がポイント!(笑

これで、CとG#を作成。

R0014792

PATCHのPITCHを長3度に設定。
これでEとC(オクターブ上)。

このCargを使ったループサンプルがこれ。
arg.mp3

argコードは響きが怖いので、あんまり好きじゃない(笑

R0014793

次に6thコード。
C6の構成音は、C、E、G、A。

VCO2 PITCHを6度の音程になるように設定。
これで、CとA。

R0014794

PATCHのPITCHを5度に設定。
これでGとE(オクターブ上)。

このC6を使ったループがこれ。
6th.mp3

6thのテンション感はなかなか良いかも。

とりあえず、こんなもんかなー?
他にも作れそうだけど、とりあえず思いついたのはそんなとこかな。

DSiとDS Liteのサウンドを比較してみる

DSi and DS Lite on KORG DS-10

DSiはサウンド関連のICが改善されて音が良くなった点が、大きい変更点の一つとしてあげられています。

ボクも昨日DSiを入手したので、ちょっと比較してみます。

KORG DS-10で作った曲データをならして、それで比較してみます。
このまえのDS-10 EXPOのライブでやった最後の曲のメインテーマより。

条件を同じにするため、両機ともボリュームは最大音量で。

まずは、DS Liteで鳴らしたもの。
DSLite.mp3

次にDSi。
DSi.mp3

とにかく端的に言って、DSiのほうが、はるかに全体の音量がでかいですね。
また全体の音の分離もDSiのほうが良いように思います(これは音量でそう感じるのかも)。

これはラインで録音してるのですが、普通のスピーカーの音量は段違いでDSiのほうが大きく聞きやすくなってます。
これはよいですね。

DS Liteの場合、スピーカーから音を鳴らしても、全然聞こえない程度の音量しかならなかったので。

画面も大きくなって、DS-10のようにやけにシビアなツマミの操作が要求されるソフトには良いですね(笑

最近、DSはほぼDS-10専用機になっているワタクシには、サウンドの向上と画面の大型化は非常にうれしい改善点でした。