Monthly Archives: 12月 2007

香港3日目 – 中国の深圳へ

本日は香港から中国国境の町、深圳へ。

深圳 - 電気城

ここに秋葉原の10倍規模とも思われる巨大な電気街があり、そこを案内してもらう。

深圳のコンピュータ街のセンターの一部

あまりに強烈。

活気、熱気、狂気があふれかえる中国のパワーに当てられました。

秋葉原のヨドバシカメラ並の巨大な電気店に、ラジオデパートの一坪店のような小さい店が、軒を並べ、そのヨドバシクラスの巨大な電気店が何個もあって、

「なんだこの街!こんなのありえねーだろ!!!!!!!ありえんのか!!!!???こんなとこ!!!???」

と、絶句せざるおえない強烈さ。

もー、ほんと、まいっちゃうよ。

深圳のmp3交易中心

建物の名前が「MP3トレードセンター」ってなんだよ(笑

夜は香港に帰ってきました。

昨日、香港についたばかりですが、中国から戻るとホームタウンに帰ってきたように安心しました。

中国は、いろんな意味で、かなり緊張感のあるとこですね。

香港、フェリーからの夜景

香港2日目

初日に食べたメシが、おそろしく不味くて

「すごい!こんなに不味い中華料理ありえるのか!こういうのが旅の醍醐味!」

と、喜んでおりましたが、

今日は

「うまい!このメシがうまい!」

という、うまいメシが次から次へおしよせるオンパレード。

飲茶うまい

あとは、楽器屋で中国の伝統楽器を買おうと思い買いました。

中国琵琶っつーの?

これが520香港ドルとは安い。

あまりの安さに二胡も買ったんだけど写真は後ほど。

あと、香港の電脳街をかなりまわって面白かったです。

黄金電脳商場

アキバとは違う香港電脳街のバイブに痺れました。

電脳系のことは、とりあえずまた。

今日は楽しかったが疲れた。

明日も早いので、寝ます。

とうとつですが、今香港

香港

に来てます。

昨日、深夜に到着しました。

なんつーか、かっこいい街並みですね。

しかし、ネットとケータイがあると世界中どこにいても、日本にいるときと変わらず連絡とれまくれて、びびりますね。

天下一カウボーイ大会、無事終了

昨日、2007年12月23日、秋葉原UDXギャラリーで行われました、天下一カウボーイ大会、無事終了しました。

準備は体力的になかなかきつかったのですが、200人以上の人に集まっていただいて、楽しんでいただいたようで、安堵してます。

Tenkaichi

12:00からの開催時間には、すでに200人近くの方々があつまり、かなりの満員状態で大変驚きました。

僕は、もっと皆さん遅れてくるんじゃないかと思ってたんですよね・・・。

大会参加者の皆さんの真面目さをなめておりました。

西田先生の基調講演、発表者の方々の講演と非常に質の高いものを披露していただき感謝しております。

また、見に来ていただいた方々、ありがとうございました。

そして、altyパーティー主催のalty氏とaltyパーティー関係者の皆様(永松氏、nag氏、布施氏、デジほん橋本氏&デジほんスタッフの皆様)、UEI清水氏始めUEIスタッフの皆様、協賛企業の皆様、ありがとうございました。

一応、僕にしか書けない情報として、ここのところの僕の準備記録を書こうかと。

12/16 – 12/21は、夜中に大会テーマ曲の作曲。

天下一カウボーイ大会は赤字イベントなので、これを解消するには物販をするしかない!

とりあえず手持ちのコンテンツで短時間で準備できるものとして、過去の電脳空間カウボーイズpodcastで、現在ネットで公開を終了したものを集めたCDを作成しようと。

しかし、ずっと第一回から聞いてくれてる方もいらっしゃるだろうし、ちょっとでもオマケをつけたい。

そのためのオマケとして大会テーマ曲をつくってCDには、そのテーマ曲を収録しようと。

で、それを夜中に作っておりました。

で、曲が完成したのが21日(笑

つまりCDの作成は、前日22日に行うことに。

前日は、UEIスタッフ増田君、堀君の尽力で23日深夜1時には、CD70枚を作成することに成功!

すりあがった電脳空間CD

最初一人でやろうとしてたんだけど、あぶなかった(笑。彼らの尽力無しでは無理だった(笑

マックでCD販売のためのポップを作ってたら、増田君より

「CDのポップはやっぱり手書きですよ!手書きにしましょうよ!」

との提案。

「なるほど!そうかー、確かにCD屋のポップは手書きだよなー!」

と、手書きポップに。

Pop

安倍吉俊氏に書いていただいたイラストをまた使わせてもらいました。安倍さん、ありがとうございました。

またCDはかなりの数、買って頂きました。買っていただいた皆さん、ありがとうございました。

あとは、altyパーティー主催のalty氏より、21日に

「電脳空間カウボーイズ、altyパーティーでライブやってよ」

との連絡。

「えー!アーティストには準備ってもんがありますよ!二日前にオファー出すのは勘弁してくださいよ!」

と泣きが入るが、altyのオジキの頼みとあってはなんとかしなければ(笑

15分枠らしいので、パイプラインラブ、Binary86、あとKaossilatorでインストでもやろうかなと。

これの準備を23日2時からスタート。

演者の2人で、パイプラインラブの歌、ギター練習。

Binary86の歌練習。ギターと歌をカラオケにして、ギター弾こうかと思ったが、これは無理だな(笑。と思ってカラオケに。

Kaossilatorのインストを1時間ほど練習。

1時間練習した結果、「これ、絶対盛り上がらないし、蛇足だな」と思い、やめることに。

で、当日のaltyパーティーでのライブは酔っ払ってテンションだけで乗り切るという暴挙に出たワタクシでした(笑

ほんと、酔っ払ってて、すみませんでした!

大会当日は午前8:00に寝て、9:00起床。UDX荷物搬入、大会準備という感じで朝食、昼食抜き。

この状態で、白ワイン一気に3杯くらい飲んだら、そら酔っ払いますわな。

あと、alty partyで色々な方にお会いしてうれしかったです。ありがとうございました。

初音ミクの音程が妙にわるいのはデフォルト歌唱スタイルのベンドの深さが大きすぎるせいなのか

1

ワタクシもVocaloidをMeikoから使い出して数年経ちますが、最新版の初音ミクに関しては

「とにかく音程があわねーんだよねー、これ。おかしくねー?」

と公言しておりました。

そんなことを言ってたら、どうも大先生の知り合いに、初音ミクのデモ曲とかを作ってる方がいたようで、

オレがこんなことを言っていたのを覚えていた大先生が聞いてみたところ、

「あ、それ初期出荷版のバグ。ソフトの箱に赤い紙が入ってたでしょ?あれみて初期値変更すれば直りますよ。」

とのことを言づてに聞きました!

なんだそりゃー!!

マニュアルなんて読んでるわけ無いじゃん!!(笑

確かにソフトの箱あけたら、その件について書かれた紙が!

なになに。

設定 -> デフォルト歌唱スタイル

を開いて、ベンドの深さが20%になっているなら8%にしてください。

とのこと。

つまりこの初期値が出荷段階の状態だと、でかすぎて、音程がフラットしてしまうということらしい。

そういうことだったのか。

このベンドの深さについて、かなりマジメに研究している方もおります

なくしたモノは買い直すと見つかるライフハック

まずそれはライフハックでは無いという、一人ぼけライフハック(笑

勇者のくせになまいきだ。 Video Games 勇者のくせになまいきだ。

販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2007/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

勇者のくせになまいきだが面白いという話を聞いて、ゲームを買ってみたのが先週金曜。

家に帰って初代PSPでやるか。

と思ったらPSPが全然見つからない!

3日間ほど、ちょこちょこ探して、さっぱり出てこない。

人のPSPで、勇者のくせにをやると、確かに面白い。

んー、やりたいなー。

仕方ないから、PSP買うかー。

どうも買うと見つかりそうな気がするんだよなー。

と思いつつ、本日新型PSPを買ってみました。

新型PSP

しばらくなにげなく過ごすこと、2時間ほど。

今まで目を止めなかったところに、なにかピアノブラックの黒光りする物体が!!!!!

あー!!!やっちまったー!!!やっぱり買ったらみつかっちまったよ!!!

なくしたはずの旧型PSP が!

仕方ないので、旧型は嫁に出すことに(笑

うーむ、このライフハックは使える!(笑

しかし、電車の中で新型でやってみたら、軽くて地味によくなってるなーと思いました。

まぁ、買っちまったもんはしょうがない。

しかし、保証を受けたかったら箱とっとけってのは結構、横暴だと思うんですがどうなんでしょ?

箱は場所とるから捨てたいよなー。

保証受けるには箱とっとけは横暴

Kaossilator VS HeavyMetal Guitar

  

Kaossilatorとエレキギターでメタル的な曲を演奏する。

っていう音楽アイデアをいつ思いついたんだか忘れましたが、脳裏にあってなんとなくやってみました。

最近、こういう打ち込みで100%きっちりしたのじゃなくて、打ち込み機材とライブ演奏の間みたいな感じが好きなんですよねー。

まぁ、まだ世界の動画サイトを見ても誰もやってないバカバカしいアイデアなので(笑

やった価値があるんじゃなかろうかっと。

やじうまWatchでKaossilator動画紹介してもらった

やじうまWatchの12/5号で、ワタクシ、シン石丸作成のKaossilator動画が紹介されてるとのことを、人づてに聞いて見てみました。

あら、ホントに紹介してもらってるよ!

どもっす!

コンパクトなサイズだから、シン石丸さんのように電車の中でも余裕で使える石橋楽器のデモムービーのほかにも、Kaossilatorを使っている様子がYouTubeやニコニコ動画にが投稿されている。

– やじうまWatch 12/5 より引用 —

と、自分が石橋楽器さんとならんで書いてもらってるのが、なんだか不思議な感じ(笑

だいたい、アタシのKaossilator、お茶の水の石橋楽器で買ったし(笑

細々したガジェットもジップロック収納するライフハック

ジップロック収納発明者版

最近、lifehacking.jpさんで紹介してもらったり、はてブも結構していただき、好評だったジップロックでのケーブル整理

これの発明者であらせられる、妙齢の女性の収納されたバージョンも紹介します。

このように、MAC関連の細かい部品を収納し、マジックで「モニタ関連 カメラ」と書けば何が入ってる袋かも一目瞭然ですね。

このような使い方もできます。

彼女は最近、アスクルのフリーザーバッグを使っているとのこと。

しかし、このジップロック収納、ライフハックと表現してみましたが、正確には、主婦の収納豆知識って感じですよね(笑

まぁ、ライフハックと表現したって別によいかなと思って、そう呼んでみましたが(笑

一つのアイデアも「収納豆知識」とよんだり「ライフハック」とよんだり、色々な看板の付け方ができますよねー。

奥さま!アスクルのフリーザーバッグでもよろしいらしいですわよ!

アスクルの袋