Monthly Archives: 8月 2006

電脳空間カウボーイズiモーション(着うた)準備中

Im

ちゃくちゃくと準備中です。

DoCoMoだと、iモーションのサイズは、900シリーズで300KB、901シリーズ以降で500KBなんですよね。

とりあえず最低スペックにおさえて、300KB目処で作ったんですが、Binary 86、マイコンレジェンドは、300Kにおさまらないので、ギターソロ、イントロなどを短くしたショートバージョンを作成しました。

はやく着信音に使いたいなー。

富士総合火力演習に行って来る

26日に、自衛隊の富士総合火力演習に行ってきました。

ここのところ、2日で5時間くらいしか寝てなかったので、バスの中でぐっすり。

気がつけば、富士の演習場に。

9時について、10時20分から、前段演習開始。

結構時間があるので、ぶらぶら物販コーナーを見る。

Geki

自衛隊オリジナルカレー「撃」、オリジナル栄養ドリンク「元気バッチリ」買う。

あと、日が照ってきたので、日射病になるかもしれんと思われ、航空自衛隊キャップ買う。

さすがの自衛隊グッズの充実ぶり。

10時20分から、前段演習開始。

まずはF2戦闘機によるピンポイント爆撃。

F2

上空から、F2戦闘機2機が、飛来!

Bakugeki

ピンポイント爆撃成功。すげーな、さすが。よく当てられんなー。

写真じゃわからないけど、爆発時の衝撃波、音がすごい。
Hou

続いて砲兵部隊による砲撃デモンストレーション。

Fuji2

砲撃で富士の形を描く、高度なデモ。むー、さすが世界最高錬度と言われる自衛隊。

続いて74式戦車の砲撃!

74

あまりの音にびっくり!

戦車砲って、すごい音するんだなー。

轟音もすごいが、なにより衝撃波が体に響く。

90式戦車は、74式よりもさらに音がでかい。

で、でかすぎて耳をふさいでたため写真無し。

ヘリから降りたりのぼったりもすごい。

Heribon作戦行動をおえて、ヘリにつられて退避する歩兵の皆さん。ルパンっぽい。

Heri2車をヘリで!

Heri2ヘリからわらわら降下したり!

いやはや、すげーなー。

さすが、伊達に訓練してない。

午後からの装備展示も面白い。

戦車などに、色々なお手製マークが描いてあるのがかっこいい。

Knight
ナイト。

Pegasus
白馬。

Iron_knight
74式戦車のIRON KNIGHTS。

90
90式戦車の流れ星。

いやはや、なかなか面白かったです。

後で知りましたが結構、富士総合火力演習って倍率高くてチケット取るの大変みたいですね。

Flash Lite 1.1で特定のムービークリップにloadVariablesする

Flash Lite 1.1で特定のムービークリップにloadVariablesでデータを読み込むサンプルを作ってみた。

Qrcode_5

http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/swf/lite11_loadval_mov2.swf

単純にENTERを押すと、このhtmlを読み込む。

http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/swf/loadval_mov.html

書き方としては、rootにwindというインスタンス名のムービークリップがあるならば、次のように記述する。

on (keyPress "<Enter>") {
    loadVariables("loadval_mov.html", "/wind");
}

で、ソースファイル。

「lite11_loadval_mov2.zip」をダウンロード

podcastを定期配信するには、スケジュールを組むしかない!

Sakeということに今日、気がついた。

なんか電脳空間カウボーイズも、気が向いたときに録って、気が向いたときに流す。

というスタイルでだいぶやってきたわけですが。

最近、電脳空間カウボーイズ第二部となり、火曜金曜の定期配信にしたら、すぐストックがなくなってしまうじゃないの!

で、だいたい電話やら、ネットやらで皆に集まってもらうわけですが、そうそう皆もヒマじゃない。

そうか!いままでは、締め切りなかったから、適当にやってたが!締め切りがあったら、皆のスケジュール調整しなきゃダメじゃんよ!

という当然のことに、本日気がついた、電脳空間カウボーイズリーダーである、ワタクシ。

もっと皆ヒマなら、従来の適当に集まるスタイルでも良いんだがナー。

なかなかそうも言ってられんから、レコーディングのスケジューリングをするしかないか。

関係ないですが、秋田の土産で、蔵内原酒ってのをもらったんですが、かなりうまいです。

夏場は、キンキンに冷やした日本酒は、たまんなくうまいですな。

Flash Lite 1.1の各キャリア端末でデバイスフォントの違いを実験してみる

最近、Flash Lite 1.1で実験してみたことについてばかり書いているが、これが今書きたいんだからしかたない。

各キャリアのデバイスフォントの実装系の違いを調べてみるため、24px,20px,18px,16px,14px,12pxのフォントを表示するswfを作ってみた。

Qrcode_4
http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/swf/lite11_fonttest.swf

で、これを手近にあった端末でそれぞれ見てみた。

まずは、DoCoMoのSH901iC。

DoCoMoに関しては、デバイスフォントのサイズに関して、詳しい資料が公開されているので、あまり問題ない。

[Flash対応端末の情報]

Sh901ic

資料によると、SH901iCに実装されているフォントは、

12px, 16px, 24px。

確かに、3種類のフォントによって描画されているのがわかる。

次に、auのW41Tにて、実験してみることとする。

すると、次のように表示される。

W41t

auの端末に関しては、

CDMA 1X:16~36のうち3~4種
CDMA1X WIN:12~36のうち3~4種
[Flash Lite 1.1メモより]

という情報や、12, 16, 24が利用可能という話もあり、いま一つはっきりしない。

とりあえずW41Tでは、4種類のフォントサイズが確認できる(12, 16, 20, 24か?)。

最後に、vodafone 904shにて実験。

904sh

vodafoneに関しては、さっぱり情報がなくて困ったもんだ。

softbankさんには、この編の技術情報をちゃんとオープンにしてほしいもんだが。

ほんとは知らないだけで、Flash Lite 1.1のvodafoneの資料はどこかにあるのだろうか?

とりあえず、画面からは3種のフォントサイズが確認できる(12, 16 24?)。

他にも色々実験してみたら、違いはあるとは思うがそんな感じだった。

auのFlash Lite 1.1のloadValiablesでphpを叩く

Flash Lite 1.1では、loadValiablesを使ってwebサーバ上のテキストを取得することができる。

このloadValiablesで、取得先をcgiにすることができるか実験してみた。

次のようなphpを書いてみた。

<?php
echo "status=XYZ&done=1&";
?>

これを読み込むflashを作成して実験してみたところ、

  • DoCoMo F902i – 問題なし
  • vodafone 904SH – 問題なし
  • au W32S, W33SA, W41T – どれも動かず

なんでか、auの端末でだけ、ちっとも動かない。

具体的には、cgiは呼び出されているけど、取得されたテキストが携帯の画面に表示されない。

色々試してみた結果、結局phpにcontent-typeを明示的に指定する必要があるようだ。

<?php
header("Content-type:text/plain");
echo "status=XYZ&done=1&";
?>

こうすることによって、auの端末でも動くようになった。

うちの爺さんの大東亜戦争

Senyu本日は終戦記念日。

電脳空間カウボーイといえども、歴史の時間軸の一点に存在する人間ゆえに、歴史について考えねばいかんでしょう。

電脳空間カウボーイズきっての、歴史マニアでおなじみのワタクシですが、このまえ母方の実家に行った際、この本をみつけて読み返しました。

この本の1ページに、うちの爺さんの人物紹介がのっているのですが、それを読んだのはかれこれ15年ほど前。

第二次大戦についても、結構知るようになった昨今のワタシは、うちの爺さんがどういう戦歴をかさねたのかについて、知りたくなって、この本の情報を元に調べてみることにしました。

うちの爺さんは、昭和14年4月に水戸東部37部隊に入隊。北支(北部中国)に派遣され、河3564部隊に入隊(wikipediaによると、歩兵第237連隊)。陸軍伍長として、5年間、各作戦に奮闘したと記事にはある。

陸上自衛隊勝田駐屯地に、水戸歩兵部隊の展示があるようだ。
リンク先のホームページから引用。

●歩兵第237聯隊
         
臨時動員により昭和14年に編成され、第41師団に編入、5年に亘り華北を転戦の後、西部ニューギニアのウエワクに移駐。アイタぺ・ソナム等の作戦に参加、敗戦を迎える。

終戦2ヶ月前に九州に戻ったとある。

その際、広島、長崎に落ちた原爆の光を目にしたそうだ。

今となっては、爺さんが亡くなって十数年たち、詳しいことはよくわからないが、もう少し調べてみたい。

検索すればもっと色々わかるかと思ったのだが、ネット上には情報が思ったよりなかった。

関連する書籍などを探してみよう。

NTT DoCoMoのFlash Lite1.1端末のデバイスフォントサイズ一覧

この資料はすばらしい。さすがDoCoMo。

デバイスフォントがどの端末で、どのサイズに対応しているかが全て書いてある。
 [Flash対応端末の情報]

auのFlashLiteサイトにも同様な情報があるとよいのだが。

デバイスフォントは、Flash Liteのアプリの画面デザイン上、非常に重要な情報だと思うのだが。

 

vodafoneでのデバイスフォント

電脳空間カウボーイズの待ち受けFlashが、Vodafoneの703SHでは、文字が■になってしまうというメールをいただき、調べてみました。

手近に703SHがあったんで、動かしてみました。

Font1

お、なるほど、本当だ。

703SHでは、ダイナミックテキストで24px以外のフォントを指定すると、こうなってしまうようです。

DoCoMoと、auで2,3端末動かしてみただけで、vodafoneは動かしてなかったので、もっと新しいvodafone 904SHでも動かしてみました。

Font2

ダイナミックテキストが……に。

24pxにしてみると、表示できたんで、どうにもvodafoneはフォントサイズ24pxにしないとだめみたいですね。

24pxにしても、なんでか、白く縁取りされてしまうようです。

Font3

同様の現象を書かれている方もいますね。
 [vodafone FlashLite デバイスフォントに白縁取りの罠]

とりあえず、3キャリアで無難に動かすには、フォントサイズ24pxで作らなきゃだめみたいですね。